月経研究会 //xn--7ovp90c.com その時を より上手に より快適に Thu, 25 Oct 2018 10:45:15 +0000 ja hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.7.12 122295201 「月経用品」の普及に人生を捧げた男の感動の映画「パッドマン 5億人の女性を救った男」 /2018/10/24/%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e7%94%a8%e5%93%81%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%99%ae%e5%8f%8a%e3%81%ab%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8d%a7%e3%81%92%e3%81%9f%e7%94%b7%e3%81%ae%e6%84%9f%e5%8b%95%e3%81%ae%e6%98%a0/ /2018/10/24/%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e7%94%a8%e5%93%81%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%99%ae%e5%8f%8a%e3%81%ab%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8d%a7%e3%81%92%e3%81%9f%e7%94%b7%e3%81%ae%e6%84%9f%e5%8b%95%e3%81%ae%e6%98%a0/#respond Wed, 24 Oct 2018 01:15:34 +0000 /?p=503 ▲「パッドマン 5億人の女性を救った男」より(写真提供=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

現在のインドで、愛する妻や全女性のために、安全で安価な「月経用品」の普及に人生を捧げた男の感動の映画「パッドマン 5億人の女性を救った男」(原題=「Padman」)が、 ソニー・ピクチャーズの配給で12月7日より公開される。
「愛する妻を救いたい」。その思いは、やがて全女性たちの救済に繋がっていく。インドの小さな村で新婚生活を送る主人公のラクシュミは、貧しくて月経用品が買えず 不衛生な布で処置をしている最愛の妻を救うため、清潔で安価なナプキンを手作りすることを思いつく。

日々 研究とリサーチに明け暮れるラクシュミの行動は 村中の人から奇異な目で見られ数々の誤解や困難に直面。ついには村を離れるまでの事態になる。それでもあきらめることなく彼の熱意に賛同した女性パリーとの出会いと協力もあり、ついに低コストで大量生産できる機械を発明。農村の女性たちにナプキンだけでなく彼が発明した機械を使って働く機会をも与えようと奮闘。その最中に彼の運命を大きく変える出来事が訪れるというストーリー。

実在のモデルとなったのはアルナーチャラム・ムルガナンダム氏。南インド出身の56歳。彼は商用パッドの3分の1もの低コストで、衛生的なパッドを製造できるパッド製作機を発明する。かつ、女性たち自ら がその機械を使いナプキンを女性たちに届けるシステムを開発した彼の活動は高く評価。2014年「Time Magazine」が選ぶ世界で最も影響力のある100人にも選ばれた。2016年にはインド政府から「褒章パドマシュリ」も授与。彼が発明した機械は、インドの29州のうち23州に設置されさらに106カ国に拡大する予定という。

▲モデルとなったアルナーチャラム・ムルガナンダム氏
12月7日よりTOHOシネマズ シャンティ他で全国公開。

]]>
/2018/10/24/%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e7%94%a8%e5%93%81%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%99%ae%e5%8f%8a%e3%81%ab%e4%ba%ba%e7%94%9f%e3%82%92%e6%8d%a7%e3%81%92%e3%81%9f%e7%94%b7%e3%81%ae%e6%84%9f%e5%8b%95%e3%81%ae%e6%98%a0/feed/ 0 503
悩んでいるのはPMS(月経前症候群)ですかそれともPEMS(周経期症候群)ですか 川瀬良美 /2017/04/24/%e6%82%a9%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%afpms%ef%bc%88%e6%9c%88%e7%b5%8c%e5%89%8d%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%ef%bc%89%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%a8/ /2017/04/24/%e6%82%a9%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%afpms%ef%bc%88%e6%9c%88%e7%b5%8c%e5%89%8d%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%ef%bc%89%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%a8/#respond Mon, 24 Apr 2017 08:13:24 +0000 /?p=489 1.悩んでいるのはPMS(月経前症候群)ですかそれともPEMS(周経期症候群)ですか

淑徳大学 川瀬良美

1.女性と月経

月経は、女性の身体生理的な特性として思春期に二次性徴の一つとして発現します。周期的な月経は、生活にリズミカルな変化をもたらしますが、それが心身の変化であることもあり、場合によってはその変化が苦痛や不安の原因となることもあります。月経にともなう症状は月経随伴症状と呼ばれており、日常生活を著しく障害する病的な症状は月経困難症と呼ばれ医療的援助の対象となります。月経時に日常生活の中で自覚できる程度の変化を体験している女性は少なくありませんが、医学的治療を必要とするほど重篤な症状の発症頻度は多くはありません。 近年は、月経時のみではなく月経前に起こる症状にも注目が集まっています。月経前に起こる症状は、「月経前症候群」と呼ばれており、英語の「premenstrual syndrome」の訳語で、その略称である「PMS」の方がよく知られてきました。 ここで話題とするもう一つのPEMS(周経期症候群)は川瀬・松本が初めて提唱した概念です。PEMSを提唱するに至った研究によって、月経の悩みがPMSであるかPEMSであるか弁別することで、より適切に月経随伴症状を理解し対処することが可能となります。

2.PMS(月経前症候群)とは何ですか

月経前の症状が注目されたのは、1931年にFrankが月経前7日~10日頃に浮腫、てんかん、喘息や精神症状が周期的におこり月経開始と共に消失する症状を示す患者について、月経前緊張症として報告したのが最初とされています。その後、同様の症状について様々な名称が用いられましたが現在ではGreenらの提唱にしたがってそれらを総括した月経前症候群:(以下、PMS)の名称が用いられています。PMSとは何であるかをその定義から見てみますと、日本産科婦人科学会では「月経開始の3~10日前から始まる精神的、身体的症状で月経開始とともに減退ないし消失するもの」との統一見解を示しています。PMSとしてリストアップされた症状の総数は150にも及ぶともいわれており、その多様さには驚かされます。アメリカにおいては身体症状と精神症状に加えて、社会的症状をリストアップして社会生活への影響を重要視しています。PMSが米国女性の健康は勿論、家庭生活のみならず職場など社会生活にも影響が大きいとされていることは、女性の有職率の高くなっている日本でもPMSは無視できないでしょう。PMSは思春期から更年期前の排卵性月経のある女性なら誰でも発症する可能性があります。その発症のピークは30代と言われており、「三十代中期症候群」という30代の女性には有難くない呼ばれ方をしたこともありました。 PMSの発症率は、米国においては月経のある女性の20%から40%に日常生活に影響を与える月経前症状がありますが、PMSとして医学的治療を必要とするケースは症状を訴えている内の2~5%程度と報告されています。

3 PEMS(周経期症候群)とは何ですか

PEMSとは「perimenstrual syndrome」の略称で、日本語では「周経期症候群」と言います。周経期症候群(以下、PEMS)とは、「月経前期から月経期にかけて起こり、月経中に最も強くなる精神的、社会的症状で、月経痛症に起因する症状である」と定義されます。月経時に下腹痛のある人では、月経前に生ずるPMS様の症状の中に、月経開始とともに減退・消失せずに月経時まで持続して月経時にピークを迎えるという推移を示す症状があります。大学生を対象とした研究から、これらの症状は下腹痛が原因で発症していることが確認され、従来のPMSでは説明できない症候群であることからPEMSを提唱しました。PEMSの症状は、イライラ、無気力、不安が高まる、憂うつという精神症状と、一人でいたい、月経が嫌になるという社会的症状などが該当します。症状だけをみるとPMSと同一であるため、月経前期の症状だけに着目したのでは弁別がつきません。月経前期から月経期への症状の推移の様相と、月経痛症の有無で弁別が可能です。特に大学生など下腹痛が多い年代の月経前症状の診断と治療にはPEMSではないかを確認することが有効です。

4.月経随伴症状の実態

日本では月経周期に随伴しておこる症状の研究は、1950年以前は主として月経時に発来する月経障害についての報告でしたが、1950年後半から月経前を含めた随伴症状についての報告が始まっています。 松本清一によりますと、収集したデータや臨床事例について検討した結果、月経前に症状がある者は60%~87%と多数認められましたが、月経前だけに症状があるという比率はその2分の1~3分の1程度でした。症状の発症の時期について年齢との関連で検討しますと、10代~20代の若年者では月経前も月経時も症状のある者や月経時のみに症状のある者が多く、30歳以上の高年者では月経前のみに症状が現われる者が多いという年齢による明らかな相違がありました。さらに月経前と月経時の症状の内容とその推移を検討してみますと、10歳代から40歳代までの全てに月経前の精神症状として「イライラ」「怒りっぽい」「憂うつ」などが、そして身体症状としての乳房症状が存在しました。しかしその推移を検討しますと、20歳代後半~40歳代前半は月経前を中心としており、月経期には軽減するか消失するという様態を示していました。しかし10歳代では月経前に発現しても月経中まで持続するか月経中により多く発現しているという様相で、月経前の症状でもPMSとは異なる症状の推移でした。このような若年女性の特徴は女子大生)や、短期大学生を対象にした研究でもみられました。このように、年代による発症のパタンに相違があることから、10歳代と20歳代以降では同様の月経前症状であっても成因を異にすることが示唆されました。中でも、10歳代の気分の変化の頻度は月経前と月経中の「下腹痛」の推移とほぼ一致していて、月経前の精神症状の発症が下腹痛と関連していることが考えられました。

月経前症状と月経時症状を包含した随伴症状についての概念の相互関連は以下の図から理解できます。

引用文献 川瀬良美 2004 2 悩んでいるのはPMS(月経前症候群)ですかそれともPEMS(周経期症候群)ですか 松本清一(監修)『月経らくらく講座-もっと上手に付き合い、素敵に生きるために-』 文光堂(//www.bunkodo.co.jp/)Pp18-27、より抜粋.

]]>
/2017/04/24/%e6%82%a9%e3%82%93%e3%81%a7%e3%81%84%e3%82%8b%e3%81%ae%e3%81%afpms%ef%bc%88%e6%9c%88%e7%b5%8c%e5%89%8d%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%ef%bc%89%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%a8/feed/ 0 489
月経を「生理」とよぶのは誤り /2017/04/24/%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%92%e3%80%8c%e7%94%9f%e7%90%86%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%82%88%e3%81%b6%e3%81%ae%e3%81%af%e8%aa%a4%e3%82%8a/ /2017/04/24/%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%92%e3%80%8c%e7%94%9f%e7%90%86%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%82%88%e3%81%b6%e3%81%ae%e3%81%af%e8%aa%a4%e3%82%8a/#respond Mon, 24 Apr 2017 01:00:35 +0000 /?p=202 健康な女性をめざすあなたへ-月経を明るく前向きに-月経を「生理」とよぶのは誤り- 松本清一

近頃は、月経のことを生理とよぶ人が大変多いようです。これは、月経という言葉に何-かこだわりがあるからかも知れません。元来生理という言葉は、月経のことを意味するのではなく、英語のphysiologyに当たる言葉で、身体の正常の機能のことを言います。生理という言葉が月経の代わりに使われるようになったのは、実は生理休暇という制度ができてからなのです。

月経に当たる言葉は、日本だけでなく欧米や中国などで昔から使われている言葉をみても、すべて月に関係しています。ラテン語のメンストルース(menstruus)も月を意味する言葉です。古代の中国では月事とよばれていますが、月浣、月候、月信、月水というような言葉も使われています。

我が国でも月のもの、月やく、月のめぐり、月のさわりというように月に由来する言葉を使っていたようです。昔は月経の原因として、やはり月の影響が一番強く信じられていたからでしょう。ところが、昭和22年の労働基準法の改正により生理休暇という制度ができ、法文の中に「生理日の就業が著しく困難なる者は」といって、生理日という言葉が突如現れたのです。しかも、生理日とは何を指すのか、ここでは全然説明されていませんでした。それまで生理という言葉は、月経に対しては普通使われていなかったのです。当時は終戦直後の混乱期で、法律をつくる際の国会審議などもあまり十分ではなく、アメリカ軍のGHQが「よかろう」と言えば、それで法律が通ったような時代ですから、そういうことも起こり得たと思います。その際、少なくとも医師は全然相談にあずかってなかったろうと思います。もし医師が関与していれば、生理という言葉は絶対使わなかったでしょう。

ともかく、法律に使われていいますから、それ以来、恐らく学校でも生理という言葉で教えることになり、次第に普及していったものと私は考えています。ある調査によりますと、大体60歳位以上では、月経とよんでいる人がおおくてそれ以下の年代では生理とよぶ人が多い、という結果が示されています。月経とよぶ人の多くは、生理休暇の制度ができる以前に学校を卒業していた人ではないかと思います。いずれにせよ、生理という言葉は正しい意味を表していませんから、月経という言葉を嫌がらずに使ってほしいと思います。よく月経のことを「あれ」などとよぶ人がいますが、私は月経を生理と言うのはこれと同じことではないかと思います。

「人間と性シリーズ⑩」松本清一・荻野博著、一般社団法人日本家族計画協会(//www.jfpa.or.jp/)(編)1989刊、より

]]>
/2017/04/24/%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%92%e3%80%8c%e7%94%9f%e7%90%86%e3%80%8d%e3%81%a8%e3%82%88%e3%81%b6%e3%81%ae%e3%81%af%e8%aa%a4%e3%82%8a/feed/ 0 202
生理と言わず月経と言おう /2017/04/24/%e7%94%9f%e7%90%86%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%82%8f%e3%81%9a%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%81%8a%e3%81%86/ /2017/04/24/%e7%94%9f%e7%90%86%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%82%8f%e3%81%9a%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%81%8a%e3%81%86/#respond Mon, 24 Apr 2017 00:00:30 +0000 /?p=219 トピックス⑧ 生理と言わず月経と言おう 川瀬良美

1.月経のことを何と呼んでいますか

あなたは月経について話す時、何と呼んでいますか。82名の女子大生に、同様の質問をしたところ12種類の回答がありましたが、複数の人が記述した呼び方を図1に示しました。全員が使用していた第1位の言葉は「生理」でした。正確な呼称である「月経」を用いていたのはたったの11.0%でした。およそ15年前にMSG研究会(代表松本清一)が27000人の8才から64才までの日本人を対象に行った調査1)でも、第1位は「生理」(81.9%)でした。また、月経を使用している割合は、全体では0.8%でしたが、年代別にみると60才代では14.3%が使用しており、年齢が高い人の使用頻度が高かったのです。二つの結果から、月経という言葉が正確に用いられないで、「生理」や「あれ」などの曖昧な表現が代用される傾向が強まり、中でも「生理」の使用がいっそう定着しているようです。page001

 

 

2.なぜ月経と言わないのですか

先の82名の大学生に「なぜ月経は月経と呼ばれないのか」という質問もしました。複数書いた学生がいたので記述総数は98個でしたが、類似の内容を7つのカテゴリーに整理し、それを3つのグループにまとめたものが表1です。まず、グループ1(G1:64.2%)は、日常的に生理という言葉が広く用いられていて、月経という言葉に慣れていないという理由です。次にグループ2(G2:32.6%)は、性に関わることだから、恥ずかしいから、月経は隠すべきものという理由です。最後のグループ3(G:3.1%)は、余り深く考えていなかったというものです。「月経」が用いられない理由からみて、グループ1の人は、月経という言葉が広く日常的に使われるようになれば容易に改善されるでしょう。しかしグループ2の人は、月経という言葉に誤った意味づけをしているので正しく認識するための知識が必要です。

3.月経の考え方の変遷

松本2)によると、太古の時代には、月経は神秘的なもの、神聖なものとして崇められ敬意をはらわれていたようです。月経のタブーは生命の神秘に対する女性の力を祝う広義のタブーで、神聖なタブーとされていたといいます。その後、仏教伝来による影響、社会体制の変化などから、性のタブーや血のタブーなどの考えも関連づけられて徐々に不浄視する考えが浸透したそうです。そして、月経本来の意義とは無関係に秘すべきもの、恥ずべきものとしての誤った認識が定着しました。そして現代とは大きく相違した対処の不自由さも関連して様々な迷信や差別が生まれました。また、月経に伴う随伴症状も月経の否定的な側面を強調する一因となり、女性の能力や特
性について事実と相違した誤解や偏見をもたらしました。月経が生理と呼ばれるようになった経緯について田口3)は、月経にまつわる休暇を訴える際に、随伴症状による不都合を「生理的故障」と表現したことによって、月経=生理が定着したのだろうと
述べています。このように女性自らが生理という婉曲表現を用いたことは、「隠すべきものとしての月経」という観念を女性自身が受けいれていたことを意味すると指摘しています。

page001

4.生理と言わず月経と言おう

月経は女性の生殖機能と関連していることは事実ですが、消化や呼吸と同様な人間の身体の生理的機能を指す言葉です。月経のメカニズムについて解明されていない時代は、その不可解さや神秘性から、タブー視されたり、迷信が生まれ誤った観念が形成されました。しかし21世紀の現代は、月経のメカニズムも解明され、周期の把握も可能となりました。月経時だからといって特別に日常生活を変える必要もなく、健康な身体の周期性の証として自覚できます。女性の健康な身体機能としての月経を隠すべき恥ずかしいことと考えるのは誤りですし、そうすることは女性の素晴らしい特性を否定することです。月経随伴症状の解決に積極的に取り組めないのも、月経への否定的認識が快適な状態をイメージすることを困難にさせて、主体的に取り組む意欲を減退させるからです。月経があることは、女性だけがもつかけがえのない能力です。歴史的につくられた月経に対する誤った認識を変えて正確に「月経」と言いましょう。誰もが月経と言えばそれが当たり前になります。

文献

1)MSG研究会(代表松本清一):月経に関する意識と行動の実態報告書、自治医科大学看護短期大学内、栃木県:1990.

2)松本清一:日本女性の月経(株)フリープレス、東京、1999.

3)田口亜紗:生理休暇の誕生、青弓社、東京、 2003.

引用文献 川瀬良美 2004 Topics.8 生理と言わず月経と言おう 松本清一(監修)『月経らくらく講座-もっと上手に付き合い、素敵に生きるために-』 文光堂(//www.bunkodo.co.jp/)p132、より

 

]]>
/2017/04/24/%e7%94%9f%e7%90%86%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%82%8f%e3%81%9a%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%81%a8%e8%a8%80%e3%81%8a%e3%81%86/feed/ 0 219
松本清一先生の米寿記念として出版された「月経らくらく講座-もっと上手に付き合い、素敵に生きるために」 /2016/12/15/%e6%9d%be%e6%9c%ac%e6%b8%85%e4%b8%80%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%ae%e7%b1%b3%e5%af%bf%e8%a8%98%e5%bf%b5%e3%81%ab%e5%87%ba%e7%89%88%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%89%e3%81%8f/ /2016/12/15/%e6%9d%be%e6%9c%ac%e6%b8%85%e4%b8%80%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%ae%e7%b1%b3%e5%af%bf%e8%a8%98%e5%bf%b5%e3%81%ab%e5%87%ba%e7%89%88%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%89%e3%81%8f/#respond Thu, 15 Dec 2016 04:57:47 +0000 /?p=386 「月経らくらく講座-もっと上手に付き合い、素敵に生きるために」は、松本清一先生の米寿を記念して、月経研究会連絡協議会:月研連(会長松本清一)のメンバーによって編集・執筆され松本先生の監修によって、2004年に文光堂(htt://bunkodo.com)から刊行されました。そこにいたる経過については松本先生が「-序文-」で以下のように記しています(この序文は2004年出版時に書かれたものです)。

-序 文-

1941年産婦人科医になって以来、63年にわたり月経に関する研究を続けてきました.その間多数のよき共同研究者に恵まれ、1962年には日本産科婦人科学会で宿題報告として「月経異常に関する研究」を発表した他、多くの成果を挙げることができました.

1987年頃自治医科大学看護短期大学で、月経をポジティブにとらえ、セルフケアしてゆくという考えに共鳴した方々が集まって「月経研究グループ(MSG)」がつくられ、ニュージーランドの「月経前体験」という本を輪読、翻訳して「月経のセルフケア」という題名で1992年に日本家族計画協会から出版しました.

それとともに同協会の思春期保健相談員のご協力を得て、27,106名の女性について全国的な調査を行い、1990年「月経に関する意識と行動の調査」を発表することができました.この報告が一つのきっかけとなって、心理学、看護学、栄養学、健康教育学、動物学など種々の領域で月経について強い関心を持っておられた研究者が集まって一緒に研究を進めようということになり、1991年4月に「月経研究会連絡協議会(月研連)」が結成されました.

以来毎年2回研究集会を持って、会員の研究発表や外部の方の特別講演を行うとともに、ことに「月経前症候群(PMS)」に関する共同研究を行い、1995年には種々分野での文献を渉猟した総説集「PMSの研究」(文光堂)を出版、1997~2000年にはPMSの正確な診断のために必要な、日誌的方法による症状の即時的記録法「PMSメモリー」を開発し、その「記録編」と「セルフケア編」を日本家族計画協会から出版するなどの成果を挙げてきました.

そして会員各自の研究もそれぞれ進み、その成果が見られてきたので、2003年頃からそれをまとめて「日本人のPMSの実態」という書名で発表しようという話が始まり、協議を重ねるうちに、PMSに限らず、広く月経を主題として、学際的な立場から考え、月経を女性の健康の象徴としてポジティブにとらえ、月経を女性の人生(自己実現)における主要な問題として、女性自身みずからが取り組む課題と考えることができるような、そして月経に悩む多くの女性に実際に役立つような本にしたいと考えられるようになりました.しかもそれを私が米寿を迎える記念として出版するという、私にとって誠に光栄な、有りがたい申し出になったのです. 本書はこのような意図により、「月研連」のすべての会員の御協力とたゆまざる絶大なご努力によって完成したものであり、本書が多くの女性の健康と幸福に役立つことを心から願っております.

終わりに、ご多忙中分担執筆の労を取って下さった各位、ことに編集にご苦労くださった出版準備委員会の皆様の絶大なご尽力に対し深甚な謝意を表しますとともに、私どもの企画に賛同して、その出版に多大なご協力、ご支援をいただいた文光堂浅井照夫専務および緻密な編集をしてくださった鈴木祥子氏ほか関係各位に対し、心から厚く御礼を申し挙げます.

2004年11月 ~米寿を迎えて~ 松本清一

(肩書き・ご所属は当時のもの)

 

 

]]>
/2016/12/15/%e6%9d%be%e6%9c%ac%e6%b8%85%e4%b8%80%e5%85%88%e7%94%9f%e3%81%ae%e7%b1%b3%e5%af%bf%e8%a8%98%e5%bf%b5%e3%81%ab%e5%87%ba%e7%89%88%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%89%e3%81%8f/feed/ 0 386
「月経らくらく講座」の書名決定までの秘話 /2016/12/15/%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%89%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%8f%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%9b%b8%e5%90%8d%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ae%e7%a7%98%e8%a9%b1/ /2016/12/15/%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%89%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%8f%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%9b%b8%e5%90%8d%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ae%e7%a7%98%e8%a9%b1/#respond Thu, 15 Dec 2016 04:42:54 +0000 /?p=403 松本清一先生の米寿記念として「月経らくらく講座-もっと上手に付き合い、素敵に生きるために-」が2004年に文光堂(htt://bunkodo.com/)から刊行されました。この書の編集方針については松本先生が序文で「・・・協議を重ねるうちに、PMSに限らず、広く月経を主題として、学際的な立場から考え、月経を女性の健康の象徴としてポジティブにとらえ、月経を女性の人生(自己実現)における主要な問題として、女性自身みずからが取り組む課題と考えることができるような、そして月経に悩む多くの女性に実際に役立つような本にしたいと考えられるようになりました」と述べています.

その基本方針にしたがって編集がすすめられ、その目的・内容に相応しい書名を決めるに当たって月研連会員から書名を募集しました。そして採用された方には賞品が与えられることにしました。応募された書名一覧は以下のとおりですが、これらの応募作品には「月経を女性の健康の象徴としてポジティブにとらえ、月経を女性の人生(自己実現)における主要な問題として、女性自身みずからが取り組む課題と考えることができるような、そして月経に悩む多くの女性に実際に役立つような本にしたい」という思いがあふれています。  書名を決定するにあたり、上記のリストについて会員に投票していただきました。投票結果で上位3案について編集委員会で協議し、選ばれた作品を合成して決定しました。提案が採用された3名には賞品が与えられました。ちなみに賞品は?というと、お金をだしても決して買えないような貴重な賞品ということで、松本先生撮影の花の写真をパネルにして贈呈しました。松本先生は写真撮影を趣味にされていて四季折々に季節の花々を中心に撮影されていました。現在、松本先生が撮影された写真をfacebookの月経研究会で公開しています。是非、ご覧下さい。

 

]]>
/2016/12/15/%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%89%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%8f%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%80%8d%e3%81%ae%e6%9b%b8%e5%90%8d%e6%b1%ba%e5%ae%9a%e3%81%be%e3%81%a7%e3%81%ae%e7%a7%98%e8%a9%b1/feed/ 0 403
「月経らくらく講座」は多彩な執筆者によって他には無い有用な本となりました /2016/12/15/%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%89%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%8f%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%80%8d%e3%81%af%e5%a4%9a%e5%bd%a9%e3%81%aa%e5%9f%b7%e7%ad%86%e8%80%85%e3%81%ab%e3%82%88%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%9c%89/ /2016/12/15/%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%89%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%8f%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%80%8d%e3%81%af%e5%a4%9a%e5%bd%a9%e3%81%aa%e5%9f%b7%e7%ad%86%e8%80%85%e3%81%ab%e3%82%88%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%9c%89/#respond Thu, 15 Dec 2016 04:02:18 +0000 /?p=412 松本先生の米寿を記念して「月経らくらく講座-もっと上手に付き合い、素敵に生きるために-」が2004年に出版されました。この書は、月経研究会連絡協議会(以下、月研連)のメンバーが、それまでの月経研究で明らかにしてきた知見が盛り込まれています。当時の月研連の多様なメンバーが総力をあげて、産学一丸となって女性のための月経の本を作りたいとの思いを込めました。この本には、現在でも有用な知見が溢れています。執筆者一覧は以下の通りです.

執筆者一覧(肩書き・所属は2004年時点)

●監修
松本清一 (社)日本家族計画協会会長 自治医科大学名誉教授 群馬大学名誉教授
●編集(五十音順)
石川瑞穂 (社)日本家族計画協会リプロ・ヘルス推進事業本部
川瀬良美 淑徳大学社会学部心理学科教授(編集委員長 )
志茂田典子 武蔵野大学人間関係学部生理人類学教室・通信教育部非常勤講師
鈴木幸子 埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科助教授
森 和代 桜美林大学文学部健康心理学科教授
●執筆(掲載順 )
松本清―  (社)日本家族計画協会会長  自治医科大学名誉教授  群馬大学名誉教授
川瀬良美  淑徳大学社会学部心理学科教授
南 利子  江崎グリコ(株)中央研究所
中川充子  江崎グリコ(株)健康食品部
佐藤秋子  國學院大學栃木短期大学初等教育学科
鈴木幸子  埼玉県立大学保健医療福祉学部看護学科助教授
伊野田法子 大草レディスクリニック
茅島江子  東京慈恵会医科大学医学部看護学科母性看護学教授
森和 代  桜美林大学文学部健康心理学科教授
蔵 琢也  京都大学理学部動物学教室
櫻田美穂  日清オイリオグループ(株)食品開発センター健康機能食品開発分野
新村貴子  日清オイリオグループ(株)研究所健康科学分野
小村富美子 大阪市立大学大学院文学研究科
吉沢豊予子 東北大学医学部保健学科教授
石川瑞穂  (社)日本家族計画協会リプロ。ヘルス推進事業本部
吉崎晶子  ユニ・チャーム(株)開発本部生活科学研究所
谷 文美  ユニ・チャーム(株)開発本部生活科学研究所
野田洋子  岐阜大学医学部看護学科教授
小関 誠  太陽化学(株)総合研究所バイオニュートリション事業部
鮫島明人  (株)コンティニュイテイコンセプトアンドアーキテクチャー
志茂田典子 武蔵野大学人間関係学部生理人類学教室・通信教育部非常勤講師
村上泉子  (株)カネボウ化粧品化粧品研究所
上杉よし子 (株)カネボウ化粧品マーケテイング本部トワニーグループ
引用:「月経らくらく講座-上手に付き合い、素敵に生きるために-」執筆者一覧、2004、文光堂より

 

 

 

]]>
/2016/12/15/%e3%80%8c%e6%9c%88%e7%b5%8c%e3%82%89%e3%81%8f%e3%82%89%e3%81%8f%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%80%8d%e3%81%af%e5%a4%9a%e5%bd%a9%e3%81%aa%e5%9f%b7%e7%ad%86%e8%80%85%e3%81%ab%e3%82%88%e3%81%a3%e3%81%a6%e6%9c%89/feed/ 0 412
体操で月経痛を和らげよう /2016/12/15/%e4%bd%93%e6%93%8d%e3%81%a7%e6%9c%88%e7%b5%8c%e7%97%9b%e3%82%92%e5%92%8c%e3%82%89%e3%81%92%e3%82%88%e3%81%86/ /2016/12/15/%e4%bd%93%e6%93%8d%e3%81%a7%e6%9c%88%e7%b5%8c%e7%97%9b%e3%82%92%e5%92%8c%e3%82%89%e3%81%92%e3%82%88%e3%81%86/#respond Thu, 15 Dec 2016 04:00:02 +0000 /?p=332 トピックス 快適に過ごすためのマンスリービクス 体操で月経痛を和らげよう

月経痛でおなかや腰がつらいとき、軽い体操をして痛みを和らげる方法もあります.これはマンスリービクス(例図)という体操で、月経が始まる前の不快な症状を和らげるのにも効果があります.「月経のときに運動なんて」と思われるかもしれませんが、骨盤内の血行がよくなってとても気持ちのいい体操です。是非、お試しください。マンスリービクスをわかりやすく紹介した小冊子とビデオ教材が発行されています。これらを活用して、月経を快適にすごしましょう。小冊子では、オールカラーのきれいなイラストで、マンスリービクスについて紹介するとともに、月経中の過ごし方についてアドバイスが書かれています。持ち運びやすいコンパクトな大きさですので、手元に置いておくとよいでしょう。ビデオ教材では、音楽に乗って一緒にからだを動かすことができます.ぜひ参考にしてみてください。

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%af%e3%82%b9

文献 松本清一・湯澤きよみ マンスリービクス 社団法人日本家族計画協会発行 (//www.jfpa.or.jp/)

引用文献 石川瑞穂 Topics.16快適に過ごすためのマンスリービクス 松本清一(監修)月経らくらく講座-もっと上手に付き合い、素敵に生きるために- 東京文光堂、p218.

]]>
/2016/12/15/%e4%bd%93%e6%93%8d%e3%81%a7%e6%9c%88%e7%b5%8c%e7%97%9b%e3%82%92%e5%92%8c%e3%82%89%e3%81%92%e3%82%88%e3%81%86/feed/ 0 332
PMSメモリーって何ですか /2016/12/15/pms%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b/ /2016/12/15/pms%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b/#respond Thu, 15 Dec 2016 03:00:48 +0000 /?p=317 「PMSメモリー」は、日本で開発されたPMS症状を記録するためのツールです。

月経前に周期的に種々の症状が自覚される月経前症候群(PMS)の頻度は高く,しかもその症状の種類の多いことは知られています.また,記録方法としては,日誌記録的な即時的記録法(前向き記録)が症状の自覚と正確な診断に有意義であることが指摘されています.そこで,米国で開発されたユタPMSカレンダーⅡを参考にして,我が国における身体症状,精神症状,社会的症状を検討してその症状リストを添付し,しかも症状の頻度や程度が視覚的情報として明瞭に記録されるように工夫した,日誌的な記録による即時的記録法「PMSメモリー」を開発しました.加えて本記録では,基礎体温測定値,月経周期,経血量,体重,薬の服用などPMSの診断に必要な諸要件が同一紙面に記録できるように構成されており,診断者のための便宜のみならず記録者の簡便さもはかられています.本記録法による実践記録を検討してその有用性が認められたことから論文として発表しました(日本女性心身医学、5、31-37、2000)。その後、使用者のご意見を取り入れて、主症状が印刷済みになっているなどの改訂をした新版PMSメモリーを作成しました。PMSメモリーは一般社団日本家族計画協会(//www.jfpa.or.jp/)で購入することができます。

%e6%96%b0%e7%89%88pms%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%83%bc

文献
川瀬良美・森 和代・鈴木幸子・髙村寿子・石川瑞穂・松本清一 2000 月経前症状の即時的記録法の検討-PMSメモリーの開発-女性心身医学,5,31-37.

 

]]>
/2016/12/15/pms%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%a7%e3%81%99%e3%81%8b/feed/ 0 317
PMSメモリーの記入方法 /2016/12/15/pms%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%ae%e8%a8%98%e5%85%a5%e6%96%b9%e6%b3%95/ /2016/12/15/pms%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%ae%e8%a8%98%e5%85%a5%e6%96%b9%e6%b3%95/#respond Thu, 15 Dec 2016 02:00:53 +0000 /?p=321 PMSメモリーの具体的な記入方法を次に述べます。

PMSメモリー(初版)では症状を各自で記入する形式でした(図1)。使用者達の「症状が印刷されていたら良いのに」とのご要望に応えて「新版 PMSメモリー」では研究で明らかになった日本人の主症状が印刷されています(図2)。

①日付欄には、何月何日かを記入します
②月経周期の欄には、月経の初日を1として、そこから何日目かを数えて記入します。
③月経日には、経血量の欄に、出血の量を3段階で記入します。
④体重はできるだけ毎日同じ時間に測って、自分の決めた基準体重からプラスマイナス何 キログラムの増減かを、体重欄に記入します。
⑤記録欄の17の症状リストの中で、自分に当てはまる症状について、当てはまるものを 選んで該当欄に記入しましょう。記載されていない症状は、付け加えましょう。
その他の症状例:おりものが増える、乳房の痛み、肩こり、便秘、下痢、疲れやすい、物事が面倒くさい、むくみ、下腹部の張り、肌荒れ、攻撃的、など
⑥各症状の程度について、就寝前に3段階で評価します。
[1] 少しあるが日常生活には影響なし
[2] 日常生活に影響する程度にある
[3] はげしい
⑦毎朝起床前に基礎体温を計ります。基礎体温計を使用して測定し、メモリーの欄に赤ペ ンなどで数値を記入します。
⑧体温が測れなかった日は、空欄にしておきましょう
⑨薬を飲んだときは、薬の名前、量、回数を記入しましょう。
⑩出来事欄に、その日気がついたことを何でも自由に記入しましょう。

 

%e6%96%b0%e7%89%88pms%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e8%a8%98%e9%8c%b2%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8-2

文献

松本清一・川瀬良美 2005 新版・PMSメモリー 社団法人日本家族計画協会

 

]]>
/2016/12/15/pms%e3%83%a1%e3%83%a2%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%81%ae%e8%a8%98%e5%85%a5%e6%96%b9%e6%b3%95/feed/ 0 321